カタボリックとは?アナボリックとの意味の違いと有酸素運動

カタボリックとは一体何なんだろうと、疑問に思ったことはないでしょうか。カタボリックとアナボリック意味の違いや有酸素運動時にどういった現象が発生するのか、その関連性について気になるところです。

この記事を読むと、普段トレーニングをされていて筋肉についての知識がある方もこれからスタートの方もカタボリックとアナボリックの違いとその発生原因の条件と対処法を知ることができます。

カタボリックとは何なのか、レクコは意味が分かるかな?
えー、わからないよ。カタボリックとアナボリックの違いって何?有酸素運動が関与してるのは本当?

カタボリックとはどういった現象か

カタボリックとは、筋肉トレーニングをする際にエネルギー等を大きく消費しているが食べ物からそのエネルギー分のカロリー等を十分に補えず、足りないカロリーなどを筋肉からエネルギー確保するため筋肉が育ちにくい現象を指します。

つまり、空腹状態でしっかりと食べ物などからエネルギーを確保していない状態で筋肉トレーニングをするとパワーが足りなくなるので筋肉をバッテリー代わりにして筋肉がモロモロになってしまうイメージです。カタボリックは、「Catabolic(異化)」と和訳されます。

カタボリックとアナボリックの意味の違い

続いて、カタボリックとアナボリックの意味の違いについてご紹介します。

空腹時など栄養やエネルギー不足になった際に、筋肉からエネルギーを集めて消費することの意味合いがカタボリックに対し、アナボリックはその逆を意味します。アナボリックは自分自身に十分なエネルギーや栄養が充満している状態で適度な筋肉トレーニングをすることで、筋肉の成長を促します。

栄養やエネルギーがしっかりと満ちている状態で、筋肉に負荷をかけてトレーニングをすればその修復や強化に栄養が使われるため筋肉が成長します。

カタボリックを促進する有酸素運動の条件と対処法

有酸素運動は脂肪の燃焼の期待が高い運動で知られていますが、実はカタボリックを促進させてしまう場合があります。ここからはカタボリックを促進有酸素運動の条件とその対象方についてご紹介します。

有酸素運動はハードな運動やトレーニングをイメージされる方が多いと思います。概ねそのハードな運動イメージは正解で、この有酸素運動を長時間行うことでカタボリックが促進してしまう可能性が高まります。

カタボリックは自分自身が空腹な状態やそれに近い状態で、筋肉トレーニングやハードな運動を繰り返すことで栄養やエネルギーが足りなくなって、筋肉をエネルギー元として消耗が発生します。この自分自身のエネルギー不足により、カタボリック状態になります。

そのため、カタボリックの促進を回避するためには有酸素運動前にしっかりとエネルギーや栄養分を確保したり不必要に長時間の有酸素運動を行わない事が大切です。

つまり、カタボリックを促進する有酸素運動の条件は空腹やエネルギー不足による長時間運動であり、その対処法は栄養分をしっかり取り計画的なトレーニングを行う事です。

カタボリックの促進は有酸素運動以外でも起こりうる

さて、カタボリックを促進は過度な有酸素運動が1つの理由であることが分かりましたが、実は無酸素運動であってもカタボリックが発生することもあります。これまでにカタボリックは端的に表すと「自分自身に栄養が足りていないエネルギー不足」の状態だと理解できると思います。

ここで自分自身が空腹状態時に無酸素運動での軽い筋肉トレーニングを長時間行うとどうでしょうか。もちろん、自分自身に栄養素やエネルギーが無い状態なのでエネルギー元が無く、体は筋肉の中の栄養分をエネルギーへと変換してしまいます。

そのため、いくら無酸素運動であっても栄養が足りなくなる状態での長時間運動や筋肉トレーニングはカタボリックを発生させてしまいます。以上がカタボリックとは何かという説明、アナボリックとの意味の違いと有酸素運動の関係性についての解説でした。

ReXeR本町

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全会員制24時間ジムReXeR Osaka
施設見学予約受付中。

最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG