ドローインの効果的な期間と回数についての考え方の極意!

ドローイン効果的な期間回数をトレーニング計画に組み込む時、どういった基準や考えが必要かご存知でしょうか。

ドローインは比較的軽いトレーニングと思われがちですが、実際には正しい考えを持っておかないと効果が出にくいトレーニングでもあります。

この記事を読むと、ドローインの効果的な期間と回数についての考え方の極意を理解することができます。

ドローインの効果的な期間と回数を考える極意があるだと!?
ドローインって意外とトレーニング期間や回数を決めるのが難しいよね。

ドローインの効果的な期間

ドローインの効果的な期間について、どのような基準を意識すれば成果がでやすいのかを解説していきます。

ドローインの効果的な期間は単に日数でない

ドローインの効果的な期間は、単純に何日という目安がありません。ドローインは他の筋肉トレーニングと違って横隔膜に圧力をかけながら体幹をパワフルにすることで、効果が長期的な期間で確認され始めるものです。

したがって、ウェイトトレーニングのようにだいたい何日でこれくらい期間での効果や結果が出ると言えないトレーニングになります。しかし、そんなドローインにおいてももちろんやりこ込むことで効果的な期間が存在することもまた事実です。

続いて、ドローインの効果的な期間の考えについて紐解いていくます。

ドローインの効果的な期間は継続を前提

ドローインの効果的な期間は継続を前提した考えが大切であり、それを目安に目標期間を決定していきます。

ドローインはすべての筋肉トレーニングの中でも軽トレに該当する種類のトレーニングです。つまり、ウェイトトレーニングの様な負荷が高いものではないため、必然的に長期的か期間が必要なトレーニングでもあります。

これらの長期を前提にドローインの効果的な期間は、自分自身の生活にドローイントレーニングが自然に馴染むまでの時間を目安とします。ドローインは生活の一部分、いわば日常とうい間隔になればもうトレーニング期間は終了といっても良いです。

ドローインを効果的に行うためには、日常に溶け込ませることが大切なので姿勢価値の一部になれば気付いた頃にはシュッとしたお腹に近づいてきます。

ドローインの効果的な回数

ドローインの効果的な回数の目安について、解説します。

ドローインは、比較的負荷の軽い体幹的な呼吸を用いたトレーニングです。そのため、ドローインは楽なトレーニングだと感じてしまいがちですが、実は集中して長時間回数をやり込むと意外にもキツいトレーニングです。

そのため、案外ドローインの真のツラさを知ってしまい継続ができない人も多くいます。では、ドローインの効果的な回数をどのように設定してトレーニングを計画していけばよいか判断基準をお伝えしていきます。ドローインの効果的な回数は、個人それぞれ異なってきますので以下のポイントをまずは意識してみてください。

  • 飽きっぽい方
  • 妥協してしまう方
  • 忍耐強い方
  • 負けるのがキライな方

上記4タイプでドローインの効果的な回数の目安が変わってきます。

まず、「飽きっぽい性格」の方は、ドローインの1クールの回数を多くしてしまうと継続するのが難しいです。ドローインは単発トレーニングではなく、コツコツ長期で習慣的に行うことで効果が発揮されるトレーニングです。そのため、第一に継続を意識して少ない回数でも良いため、毎日ドローインを行うことが可能な回数もしくは時間を決めた目安を設定してみてください。

続いて、「妥協してしまう性格」の方は、ドローインで高い目標を掲げすぎず絶対達成可能な毎日の回数や時間を意識していきます。変にドローインの効果を高めたいがために、ちょっと心がしんどくなるくらいの時間や回数を初めから決定してしまうと「今日はこのあたりで良いか」という妥協の思いが発生します。

そのため、どうしても妥協癖がある方は、「これなら余裕だ」というレベルで目標設定をするとドローインの効果的な回数が分かってきます。

一方で、「忍耐強い性格」の方は、ある程度自分自身に負荷をかけることに達成感や一種の喜びを感じる方が多い傾向にあります。そのため、ドローインの効果的な回数の目安も割りと限界に近いかどうかの瀬戸際を判断基準にすると習慣化しやすくなります。

最後に、「負けるのがキライな性格」の方は、とことん自身を追い込んだトレーニングメニューでもある程度の継続が可能な心の持ち主です。そのため、ドローインの効果的な回数もある程度自由に思いのまま設定することがパフォーマンスに繋がります。負ける事がキライな人は特に継続することが当たり前という考えもあるため、ドローインの継続化も負けず嫌いの人にとっては苦ではありません。

ReXeR
ドローインの効果的な期間や回数って、日常の中に溶け込ますことができるかどうかが基準なんだな!

以上がドローインの効果的な期間と回数についての考え方の極意です。

ドローインを効果的に行うにあたって、トレーニングの習慣化は必須なので日常に自然な形で溶け込ませることができるまでの期間と回数を意識してドローインに励んてみてくださいね。

ReXeR本町

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全会員制24時間ジムReXeR Osaka
施設見学予約受付中。

最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG