脚トレの6メリット大公開!頻度は週一それとも毎日?

脚トレの6メリットを大公開!頻度週一かそれとも毎日するのか、どのくらいの頻度が良いのでしょうか。脚トレのメリットと聞くとスタイルを整えたり、スリム質になる等、見た目の面でのメリットを想像する方も多いかと思いますが、見た目のメリット以外でも脚トレのメリットは様々です!

今回はそんな脚トレメリットを6つに渡りご紹介し、更に脚トレを行う頻度についても毎日なのか、週一なのか、どのくらいの頻度が良いのかも一緒に深堀していきます。この記事を読んで質の良い脚トレを行いましょう。

脚トレの6つのメリット!知りたい人も多いんじゃないか?
脚トレの頻度も知れるのね!私は週一が限界だわ~

脚トレを行う上での6メリット

脚トレの6つのメリットを早速紹介していきましょう。脚トレと聞くと脚がスリムになる!というメリットはすぐに出て来るかと思いますが、外見の変化は勿論、日々生活を送る中でのメリットも沢山あります。6つのメリットを簡単にまとめました。

  1. エネルギー消費を加速しスリム質に!
  2. 上半身の筋トレのメリットにもなる
  3. スタイルを整えヒップアップに繋がる
  4. 姿勢が正される
  5. 長時間の立ちっぱなしが楽になる
  6. 足冷え対策になる(熱量が増える)

上記6つメリットから分かる様に、脚トレのメリットは多岐に渡り、ヒップアップやスリム質になるだけではなく姿勢改善や足冷え対策にも繋がり、脚トレを継続的に習慣化することで、日々の生活レベルがグンと上がるのが分かりますね。単にトレーニング目的でやるだけではなく、脚トレのメリットを理解した上で、自分自身のライフスタイル向上につなげる事が出来れば一石二鳥ですね。

脚トレの頻度は週一それとも毎日?それぞれのメリット

脚トレの頻度は週一毎日かどれくらいの頻度が良いのか、今度は脚トレの頻度にフォーカスを当てて解説していきましょう。まず、脚トレのみならずトレーニングの頻度は生活リズムや自分の身体のバランスに合わせるのが一番です。無理をし過ぎず、かと言ってさぼりすぎない。自分が一番継続しやすいと思える頻度が理想ともいわれています。

週一などの回数が少なすぎても脚トレの質が下がるし、毎日やればいいというものでもありません。勿論、頻度だけの話ではなく、日常的にトレーニングを行うかどうか自分自身の生活スタイルにも脚トレの頻度は大きく影響してきます。

脚トレの頻度が週一でメリットがある人

まずは脚トレの頻度が週一でメリットがあるのかどうかについて述べて行きましょう。週一と聞くと人によっては少ない印象を感じる方も多いのではないでしょうか?例えば、毎日ジムに通って身体を鍛えていたり、運動を欠かさず行っている人が、脚トレを週一だけに限定してしまうとレーニングの質が下がってしまう事もあります。

ただ、運動不足の人からすると脚トレに限らず、トレーニングを始める際にはまず無理をせず週一から始めるのが良いでしょう。一気に頻度を上げたり追い込んでしまうと身体もびっくりして、怪我に繋がる恐れもあります。脚トレを始めたい!という方は無理をせず週一から始めていき、徐々に頻度を上げていくのが習慣化にも繋がるのでオススメです。

脚トレの頻度が毎日だとメリットが無い?

脚トレの頻度が毎日だとメリットが無いという説もありますが、それは単に毎日脚トレを行うと負荷が強すぎて逆効果になってしまうからです。脚トレに限らずトレーニングの効果を上げる為には、毎日鍛える事ではなく合間合間に食事を取る事、休む事が重要になってきます。また、脚トレを毎日行うことで自分の身体に合った負荷を与える事が難しいことから効果が出にくいと言われています。

結論、脚トレを行う頻度としてはやり過ぎず、かつサボり過ぎない週2~3回が理想となります。脚トレを毎日行うには負荷がかかりすぎ、週一だとトレーニングの質が下がってしまいます。理想の脚を手に入れる為にも脚トレをする頻度を守り、継続することが大切となってくるでしょう。

脚トレの6つのメリットを頭に入れて、更に脚トレの頻度を週一か、毎日かを見直すことで脚トレーニングを行う上でのモチベーションと効率がアップするでしょう。脚トレ以外にもトレーニングに取り組むに当たってメリットを改めて意識する事で気持ちの面でもリセットでき、毎日か週一か等の頻度はコンディションを見ながら変える事で効果も上がります。

この記事を読んだ上で脚トレを行い、自分なりの脚トレメリットも見つけ、週一以上やる等の習慣化も含め、自分自身のライフスタイルも変えて行ってはいかがでしょうか。以上が、脚トレの6メリット大公開!頻度は週一それとも毎日?についてのご紹介でした。

ReXeR本町

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全会員制24時間ジムReXeR Osaka
施設見学予約受付中。

最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG