ユーティリティシャフト選び方の極意!長さと重量の悩み解決

ユーティリティシャフト選び方やどれくらいの長さや重量が最適なのか、悩んだことはないでしょうか。ゴルフを楽しむうえで、様々な悩みや発見は多いかと思いますが、ゴルフ知識を深めるのもまた違った楽しみの一つです。

この記事を読むと、ユーティリティシャフトの選び方やその最適な長さや受領について詳しく知ることが出来ます。

ユーティリティシャフトって選び方がよく分からないから、長さや重量の基準もパッとしないんだよね。
あら!?じゃぁ、ゴルフトレーナーにユーティリティシャフトの選び方を詳しく聞いていこうよ!

ユーティリティシャフト選び方の極意

ユーティリティシャフト選び方について、分かりやすく事例を挙げていきます。
ユーティリティの特性は分かったけれど、シャフトの選び方がわからない、どんなシャフトがあるの?と疑問に思っている方へ簡単にユーティリティのシャフトの選び方をご説明していきたいと思います。

ユーティリティシャフト選び方の基本

ユーティリティシャフト選び方の基本として、その種類について解説します。まず正しいユーティリティシャフトの選び方をする前に知っていただきたいのが「シャフトの種類」です。
ユーティリティシャフトには、大きく2つの種類があります。

1つ目のユーティリティシャフトの種類に、カーボンシャフトがあります。こちらのカーボン素材のユーティリティシャフトは、軽くクラブのしなりを使ってボルフボールを飛ばしていきます。

わかりやすく言い換えるとユーティリティシャフト自体の重量が軽いため、力任せに振らなくてもゴルフクラブをシッカリとしならせることが出来るのでボールの飛距離を出しやすくすることができます。

人それぞれ使っていくゴルフクラブの目的はバラバラですが、どちらかというとウッド系のゴルフクラブ(ドライバー、ウッド、ユーティリティ)は、方向性よりも飛距離を重視していきたいと考えます。
そのため、基本的にウッド系ゴルフクラブはカーボンシャフトを使う方がほとんどです。

2つ目のユーティリティシャフトの種類に、スチールシャフトがあります。こちらのスチール制のユーティリティシャフトは、重量がカーボンに比べると重たくなっています。シャフト自体が重たくそして硬くなることで、ゴルフクラブのしなりが少なくなるため方向性をコントロールしやすくなります。

ただ、これだけハードなスチール製のユーティリティシャフトを使うとなると、それなりのヘッドスピードが必要になります。そのような理由から、スチール製のユーティリティシャフトは、ゴルフクラブを振ることに慣れている上級者の方が使うクラブといってもいいでしょう。

ユーティリティシャフト選び方とヘッドスピード

続いて、ユーティリティ選び方とヘッドスピードの関係性について解説していきます。

ユーティリティのシャフトの選び方として、普段よく使っているアイアンを参考にしてみましょう。あなた今が使っているアイアンのシャフトは、「カーボン製のシャフトですか?」それとも「スチール製のシャフトですか?」。ここで迷わず言えずことは、アイアンのシャフトがカーボン製の場合はユーティリティでもカーボン製を使ってあげましょう。

ユーティリティだけ無理にシャフトを変えるよりもバランスをすべて統一して、同じ感覚で打っていった方が簡単にゴルフを楽しめると思いますよ。

アイアンでスチール製シャフトを使っている場合の選び方で参考にするのは、自分自身が「ロングアイアンが得意か?不得意か?」を参考にするといいでしょう。私は「ロングアイアンが得意!!!」と言える方は、スチールシャフトを使っても問題ありません。
少しでも「ロングアイアンが苦手だな。。。」と思う方は、きっぱりとカーボン製のユーティリティシャフトを選んだほうが良いです。

実際にボールを打っていく感覚でいうと、アイアンに近い状態で打つか、ウッドに近い状態で打つかの違いになってきます。ユーティリティシャフトのカーボン製とスチール製の違いと選び方を理解できたところで、ヘッドスピードについてご紹介します。

パワーがあってゴルフクラブをスイングする際にヘッドスピードがある人は、硬くて重いスチール製のシャフトが使いやすい傾向にあります。一方でユーティリティシャフトがカーボン製の場合、ヘッドスピードがある人はシャフトが柔らかいためシャフトがしなりすぎて真っすぐボールを飛ばすことが難しくなってきます。

逆にヘッドスピードが足りたいと感じられる方の場合には、スイング時にスチール製のシャフトよりもカーボン製シャフトの方がしなるので飛距離を出しやすくなるのでご自身のヘッドスピードによってシャフト選びを意識してみてください。

ユーティリティシャフト選び方「長さ」に対する考え方で悩み解決

ユーティリティシャフトの選び方で、長さについて悩んだことはないでしょうか。ゴルフをするうえで、ユーティリティシャフト選ぶ際は長さもしっかりと気にしてみましょう。

あなたの持っているウッドの中で1番飛ばないもの(短い)とアイアンで1番飛ぶもの(長い)の間の長さを参考にしてその間の長さをユーティリティのシャフトにしてあげると良いでしょう。

ユーティリティシャフト選び方「重量」に対する考え方で悩み解決

ユーティリティシャフトの選び方で、重量についての考え方をご紹介します。ユーティリティは、ウッドよりは飛ばなさない、アイアンよりは飛ばしていくゴルフクラブです。ユーティリティの良い選び方としては、ウッドよりは重量のあるシャフト、そしてアイアンよりは重量のないシャフトを選ぶと良いです。

ここまで簡単にユーティリティのシャフトの選び方についてご説明させていただきました。ゴルフショップなどでも店員さんがクラブやシャフトについて教えてくれるとはおもいますがゴルフクラブ専門に自分に合ったシャフトをカスタムしてくれる施設などもあるので行って話を聞いてみると面白く、ゴルフの魅力に気づくかもしれませんね!

ゴルフクラブのシャフトの事も知れば知るほど奥が深いですが、この奥深さもまたゴルフの最大の魅力の1つであり、楽しさでもあります。いろんな知恵を身に着けてゴルフを思いっきり楽しみましょう。
以上が、ユーティリティシャフト選び方の極意や長さと重量の悩み解決についてのご案内でした。

ReXeRゴルフラボ

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全個室ゴルフシュミレーション施設
絶賛予約受付中





最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG