ユーティリティの打ち方5つのコツと上達の秘訣を公開

ユーティリティ打ち方コツは、それぞれ型によって違ってくるのをご存知でしょうか。ユーティリティの形状は、それぞれ「アイアン型」「ウッド型」とでヘッド部分の違いがあります。

ユーティリティヘッドの形状によって、アドレスや打ち方のコツやイメージが変わってきます。自分の打ちたいとするユーティリティの打ち方のイメージ(コツ)と、自分の持っているゴルフクラブの特性が合っていないと納得のいく球は打てません。

この記事を読むとユーティリティの打ち方のコツをそれぞれ「アイアン型」「ウッド型」で詳しく知る事ができ、その特性を理解することもできます。

ユーティリティの打ち方のコツを知りたいなぁ!でもヘッドの形が違うものがあるけど、何の違いがあるのかな?
ReXeRレクサーゴルフラボのトレーナーに詳しく聞いてみよう~~!

ユーティリティの打ち方のコツ「初心者1ポイントアドバイス」編

まずはユーティリティの打ち方のコツをゴルフ初心者向けに1ポイントでご紹介、解説していきたいと思います。ユーティリティはゴルフクラブの中でも簡単に打てるクラブなので、まず曲がりにくくなっています。

なので、ユーティリティの打ち方のコツとしては、ウッドの形をしているユーティリティの場合にウッドのイメージで打つと簡単になります。ウッド型のユーティリティはアイアンよりもボールが上に上がりやすくなっているので、無理矢理にスイングでゴルフボールを上げようとする必要もありません。

ゴルフ初心者の方はきれいにボールが当たらないのが当たり前なので、曲がったり当たらなかったりを怖がらずにしっかり振っていきましょう。

ユーティリティの打ち方のコツ「スイング」編

続いて、ユーティリティの打ち方のコツ「スイング」編についてです。ユーティリティは、「無理矢理にゴルフボールを上げようとしなくても上がる。」と先ほどご説明しました。

この時ユーティリティスイング時のうまく打つ打ち方のコツは、折角、アドレスで前傾姿勢を作っているので、肩を上下に動かすのではなく前傾姿勢のまま肩を回すことです。

そうすることで、グリップエンドの位置も体から離れにくく、まっすぐ上げやすくなります。

ユーティリティの打ち方のコツ「フィニッシュ」編

ユーティリティの打ち方のコツ「フィニッシュ」編について解説していきます。ユーティリティだけに限ったことではありませんが、やはりラウンドになると真っすぐに一生懸命打ち方をしすぎてフィニッシュのことを忘れがちになります。

ユーティリティスイング時にフィニッシュのポジションまで体が回れていないということは、クラブスピードも出ていない可能性があります。また、逆に回しすぎてフィニッシュのバラをンスうまく取れない場合は、体の軸がぶれて雑なスイングになっている可能性があります。

うまくフィニッシュをとるユーティリティの打ち方のコツは、手のポジションを左耳の高さ、横に持ってくるようにして最低でも2秒間はその形でフィニッシュの形をキープしましょう。

ユーティリティの打ち方のコツ「アイアン型」編

ユーティリティの打ち方のコツ「アイアン型」編を解説していきます。ユーティリティ自体は、ウッドとアイアンの良いとこどりした中間のゴルフクラブですが、ヘッドの形状でその特性が変わってきます。

ではユーティリティアイアン型の特性、打ち方のコツをこれより詳しくご説明いていきます。アイアン型ユーティリティとは、名前の通りヘッド部分がアイアンに近寄った形状をしています。まず、ウッドが苦手な方がユーティリティを持つ場合は、アイアン型のクラブを選んであげるといいでしょう。

アイアン型のユーティリティでは、アイアンの持つコントロール性を保ったままで飛距離をロングアイアン以上に伸ばすことが出来ます。アイアン型のユーティリティの上手な打ち方のコツは、アドレスにあります。

アイアン型ユーティリティは、スイング時のほぼ最下点で打つことで芯を確実にとらえることができます。アドレスでゴルフボールのセットを右足寄りにセットし、手元をハンドファーストの構えることでタイミングよくダウンブローにとらえることが可能になります。

ユーティリティの打ち方のコツ「フェアウェイウッド型」編

続いて、ウッド型のユーティリティの打ち方のコツについてです。ウッド型のユーティリティもその名前の通りにヘッド形状は、ウッドに近い形をしています。明らかにソールの幅に差があります。

ウッド型のユーティリティのほうがアイアン型と比較して幅広い形状になっていますので、多少ダフってもヘッドがうまいこと滑るのでミスが出にくくなっています。先ほどのアイアン型のアドレスとは違いヘッドを滑らせるイメージの打ち方を持ってもらいたいウッド型ユーティリティは、アイアン型のユーティリティとは違ってゴルフボールを少し左足のほうにおいてハンドファーストにしないのが打ち方のコツです。

ユーティリティの打ち方のコツ「上達の秘訣」

ユーティリティの打ち方のコツを知り上達する秘訣は、ヘッドの形状や特性をも理解することです。

ゴルフクラブは関係ないと思われがちですが、先ほどご説明したように同じユーティリティでもヘッドの形状でアドレスが変わります。そうなれば、もちろんスイングのタイミングは変わるのでクラブ選びはとても重要になります。

現在は、男女問わず、プロもロングアイアンの代わりにユーティリティを入れる方も増えています。それほど簡単に取り扱えるゴルフクラブであるのは間違いありません。それぞれの特性を知って自分に合ったユーティリティを探してみましょう。

また、ゴルフのスイングは練習すればするほど変化するので変化する度にいろいろなゴルフクラブを試してみると面白いかと思います。以上が、ユーティリティの打ち方5つのコツと上達の秘訣のお話でした。

ReXeRゴルフラボ

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全個室ゴルフシュミレーション施設
絶賛予約受付中





最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG