ユーティリティは打ち方でボール位置が変わる理由と考え方

ユーティリティ打ち方ボール位置がそうして変化するのか、その理由をご存知でしょうか。ゴルフでのボール位置は、シーンや人によっても変化していきます。

この記事を読むと、ユーティリティの打ち方でボール位置が変化する理由とその考え方を知ることができます。

ユーティリティによって、打ち方やボールの位置って変わるのかな?
具体的なユーティリティ打ち方の違いによって、どうボール位置を変化させるのかを知りたいな!

ユーティリティは打ち方によってボール位置が変わる理由

ユーティリティは打ち方によってボール位置が変わる話の前に、大切なことをまずお伝えしていきたいと思います。ユーティリティだけに限りませんが、自分の打ちたい球筋のイメージをして、そのイメージしたスイング通りの正しいボールの位置に置かないとゴルフでは良い球は打てません。

もちろん、自分の打ちたいボールによってゴルフボールの位置は変わってきます。その理由はゴルフをする上でフィールドの状況やシーンによってユーティリティの打ち方や戦略が変わってくるのでボール位置が変化するからです。

まずは、どんな高さで、どんな球筋のボールを打っていきたいかしっかりイメージを作っていきましょう。それではこれより、具体的なユーティリティは打ち方によるボール位置の考え方をご紹介していきます。

ユーティリティの打ち方「アドレス時のボール位置」の考え方編

さて、ユーティリティの打ち方「アドレス時のボール位置」の考え方をお伝えしていきたいと思います。ユーティリティの場合の基本的なゴルフボールの位置は、アドレス時に真ん中よりも左に構えるのが適正だといえます。

ただ、身長や上半身、下半身、腕の長さなど人それぞれ個人差があるであくまで目安で覚えていただいたらいいと思います。人によって動きの違いは絶対にあるので、完全な型にはめようとしなくても大丈夫です。このように基本的なユーティリティの打ち方の概念を知っておき、自分の特徴に合わせてアドレス時のボール位置を整えていく考え方を持っておいてください。

ユーティリティの打ち方「番手によるボール位置」の考え方編

ユーティリティの打ち方「番手によるボール位置」の考え方を解説していきたいと思います。こちらもユーティリティだけに限ったことではありませんが、ゴルフクラブが変わればもちろんボールの位置は変わります。そして同じユーティリティであっても、度数が変われば多少ボールの位置はその変化に合わせて動かしていかなければなりません。

ここの度数の変化でボール位置を動かしていくことも、難しく考えずにスイングを作りながら自分のインパクトしやすいボール位置を探っていくと良いです。ユーティリティ打ち方は極端な話、U5からU3などに持ち替えたからと言って必ずしも変える必要もありません。

これらのユーティリティの打ち方の考えをベースに、自分に合った番手によるボール位置を探って練習をしていってくださいね。

ユーティリティの打ち方「ボール位置」を修正するときの考え方編

続いて、ユーティリティの打ち方「ボール位置」を修正する時の考え方について、解説していきたいと思います。ユーティリティの打ち方の考えとして、まずはゴルフボール位置を修正する場合の目安はをご紹介します。

ゴルフのスイング時にゴルフボールより手前で地面をたたいてしまうダフリが多く出ている場合は、ボールの位置を左に置きすぎてうまくインパクトが届ききれてないなどもあるのでボールの位置を右に動かしてみましょう。

逆にゴルフのスイング時にゴルフボールの頭をすってしまうようなトップが出る場合や、インパクトの瞬間につまりを感じる場合などは、ボールを右に置きすぎてインパクトがしずらくなっている可能性があるので、ボールの位置を逆に右にずらしてみましょう。

ユーティリティの打ち方「ボール位置」を固定する考え方編

最後にユーティリティの打ち方「ボール位置」を固定する考え方について、解説していきたいと思います。ユーティリティのボールの位置の基本的なご説明をしましたが、スイングは安定して良い感じになってきたので
ボールの位置を固定したいという方は、連続して素振りをしてみてください。その時、ゴルフクラブをしっかり地面に滑らせてください。

ゴルフクラブが地面に落ちた時の残像をよく見てみてください。同じところをしっかり通っている所が、自分のインパクトしやすい場所になるので、そこをボールの位置にすれば自分の体格とスイングにあったボールの位置といえます。

スイングは練習すればするほど、変化するので常に確認するといいでしょう。このように残像からみるゴルフスイングの練習をすれば、インパクトしやすく安定したボール位置を固定化できるようになります。

今回は、ユーティリティの打ち方とボールの位置についての考え方を解説してきました。ユーティリティは「簡単に打てる、そして距離が出せる。」という特徴があるゴルフクラブです。難しく考えすぎず、上記の事項を徹底的に磨くことで、楽に感じると思います。

また、ラウンドに行くと打つことに必死になり、ゴルフボールの位置は忘れがちなので練習時から常に狙う方向を決めて、ラウンドをイメージしていくとより効率のいい練習ができるはずです。以上がユーティリティは打ち方によってボール位置が分かる理由とその考え方についての解説でした。

ReXeRゴルフラボ

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全個室ゴルフシュミレーション施設
絶賛予約受付中





最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG