サイドレイズで僧帽筋の部位が効くのを避けるコツ7選

サイドレイズ僧帽筋部位が効くのを避けるコツ7選を今回は紹介していきます。サイドレイズを行う上で僧帽筋の筋肉部位に意図せず効いてしまうという問題が1点、悩みとして多く声が上がっています。サイドレイズを行う際に、僧帽筋の部位ではなく正しい筋肉部位に負荷を与えられるように注意すべき点を7つ見て行きましょう。

この記事を読むと、どうしてサイドレイズで僧帽筋の部位(首周辺)に負荷がかかるのか具体的な理由7つを知ることができ、正しく筋肉トレーニングを行うことが可能になります。

サイドレイズでどうしても僧帽筋の部位に効いちゃって悩んでいるんだよ
サイドレイズで僧帽筋に効かないコツ知りたいわ!

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ1「肩甲骨を下げる」編

サイドレイズで僧帽筋部位の負荷を避けるためのコツ1つ目は「肩甲骨を下げる」事です。サイドレイズ筋トレをするにあたって、どうしても力が入って肩甲骨が上がってしまいがちな人、多いのではないでしょうか。肩甲骨が上がることによって僧帽筋部位に負荷がかかってしまいがちになります。

サイドレイズを行う際には力の入りやすい肩甲骨を意識して、力を抜くことで、僧帽筋の部位への負荷を最小限に抑えて、三角筋に正しく負荷を一定間隔で与えるよう心がけましょう。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ2「片手で肩を押さえる」編

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ2つ目は、「片手で肩を押さえる」事です。僧帽筋の部位に効く想定外な理由の1つとしては、サイドレイズトレーニングの際に肩が上がりすぎる事です。サイドレイズを行うにあたって、まずは肩を下げるための意識付け対策をします。そのサイドレイズによる肩が上がってしまう対策として、片手で肩を押さえるイメージを意識して筋肉トレーニングを行いましょう。

サイドレイズの筋トレを日頃から行ううえで、手を使って肩を押さえ続ける事によって、強制的にかつ容易に肩を下げる事ができます。そのため、この手で肩を押さえるという感覚を身体に刷り込むことでこれまでの僧帽筋部位への負荷を軽減させつつ、効果的なサイドレイズの筋肉トレーニングがしっかりと出来るようになるでしょう。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ3「顔を上げる」編

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ3つ目は「顔を上げる」事です。例えば、顔を下げながらサイドレイズの筋トレを行ってしまうと、僧帽筋部位の負荷が比較的強まりやすいと言われています。手で肩を押さえるのと同じように、顔を意識的に上げてサイドレイズトレーニングを行うことで日々のフォーム改善を心がけましょう。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ4「肘を広げる」編

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ4つ目は「肘を広げる」事です。サイドレイズで僧帽筋部位の負荷がかかってしまう理由の1つが肘を上げる行為です。サイドレイズのトレーニングをする際に、ダンベルを持って肘を上に上げすぎてしまうと腕や僧帽筋部位に負荷がかかってしまいます。

サイドレイズのフォームを正しくイメージする手順として弧を描くように肘を広げることで僧帽筋部位の負荷が軽減されるので、高さと広がりには意識して、フォームを整える様にしましょう。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ5「肘の位置」編

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ5つ目は「肘の位置」です。サイドレイズを行う際に、肘の目安となる位置はダンベルよりも下側の位置で維持する事で、僧帽筋部位への負荷をしっかりと軽減させることができます。サイドレイズをする上で1つ1つの部位の位置は細かいながらも、意識することから始めていきましょう。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ6「ウェイト」編

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ6つ目は「ウェイト」です。重量調整はトレーニングマシンを利用する上で大切なポイントですが、サイドレイズで正しく負荷をかける際にも注意すべき重要なポイント指標です。トレーニングに慣れて来ると、どうしても重量をかけ過ぎてしまう事も多いかと思います。

サイドレイズを行う上で重量を加えれば加えるほど、次第にフォームが崩れてしまいます。そうすると必然的に僧帽筋が支えとなってダンベルを上げる傾向にある為、僧帽筋部位に負荷がかかる場合はウェイトを下げましょう。サイドレイズトレーニング重量目安に関してはサイドレイズの重量平均とフォームの落とし穴6選についても参考にしてみてください。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ7「乳酸」編

サイドレイズで僧帽筋部位への負荷を避ける為のコツ7つ目は「乳酸」に気を付けることです。長い時間トレーニングする方が効果的だと思い込んでサイドレイズをし続けてしまうと、乳酸が溜まり、かえって僧帽筋部位で三角筋を補ってしまうため僧帽筋部位に負荷がかかってしまいます。出来るだけサイドレイズをする際には長時間続くような筋肉トレーニングは避ける意識を持つようにしましょう。

サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツこれでばっちりだね!

サイドレイズの筋肉トレーニングで僧帽筋部位への不要な負荷を避けるコツについて、部位、位置、重さ、様々な視点から見ていきましたが注意すべき点が沢山ありましたね。僧帽筋部位への負担を避けて正しく負荷をかけながら、サイドレイズの筋トレを行う為にも注意点は1つ1つ強く意識して、着実に習慣化させていきましょう。

以上が、サイドレイズで僧帽筋部位を避けるコツ7選についての紹介となります。僧帽筋部位を避けるコツを理解した上で、サイドレイズの筋肉トレを計画していき、理想的な自分好みの身体を手に入れましょう。

ReXeR本町

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全会員制24時間ジムReXeR Osaka
施設見学予約受付中。

最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG