サイドレイズのやり方!適切な回数と毎日が良くない訳

サイドレイズやり方と適切な回数毎日がなぜ良くないのかという訳について徹底解説していきます。サイドレイズのやり方だけ理解してトレーニングを進めるよりも、回数や、毎日か週一等の頻度も一緒に見ていくことで、サイドレイズのトレーニング効果もより一層上がることでしょう。

この記事を読むと、サイドレイズの正しいやり方と最適な回数や毎日トレーニングするとなぜ良くないのかその理由を具体的に知ることができます。

サイドレイズのやり方より回数や頻度も気になるよなぁ
サイドレイズって毎日やって良い筋トレなのかしら?

サイドレイズのやり方の前に考える適切な回数

サイドレイズの正しいやり方の前に考える適切な回数についてまずは紹介していきましょう。サイドレイズのやり方について話す前に、適切な回数はどのくらいなのでしょう?勿論トレーニングの経験や、サイドレイズの筋トレをすることでどんなマッスルボディになりたいのか、目的によってその回数も異なってきます。

サイドレイズをする上で、一般的に良いと言われている回数は、1日あたり平均で8~12回を3~5セットです。身体を大きくしたい方や、筋肉の耐久度を上げたい方等、目的によって、重量や回数を上げていくのが良いでしょう。

サイドレイズのやり方の前に毎日行う場合のリスクを考える

サイドレイズのやり方の前に考える毎日行うリスクについて、次に紹介していきたいと思います。サイドレイズ筋トレのやり方の手順の前に、トレーニング回数と同じように頻度についても注意していく必要があります。サイドレイズを毎日するのは身体にとってかなり負荷がかかり、また毎日することで効率的なトレーニングにならないケースもあります。

サイドレイズのみならずどんなトレーニングでも、無計画な気合や感情などで無理をしながら毎日行う事が効率的という訳ではありません。サイドレイズ以外の筋肉トレーニングの場合も同様に自分自身の経験を踏まえて筋肉トレーニングメニューの回数や頻度は毎日が良いのか、週に数回が良いのかをきっちり見極める事が重要です。

サイドレイズのやり方を回数と毎日トレーニングした場合の視点で解説

次にサイドレイズのやり方を回数と毎日トレーニングの視点で具体的に解説していきましょう。万が一、サイドレイズを適切な回数で毎日行ったとしても、筋肉がぐったりしたままの状態で無理やり負荷をかけてしまうので、更に身体にダメージを与えてしまいます。

サイドレイズを行い、三角筋を効率よく負荷を与える為には毎日ではなく、1~3日は日をあけて、身体や筋肉を労わってから行うようにしましょう。無理をしてサイドレイズを毎日行う事で筋肉トレーニングの効果が減ってしまったり、意図せずボディを壊してしまう事もよくあるので、行き当たりばったりの筋肉トレーニングには十分に気を付けましょう。

サイドレイズの正しいやり方「適切な回数と毎日トレーニング」が良くない訳

サイドレイズの正しいやり方「適切な回数と毎日トレーニング」が良くない訳についても話していきましょう。サイドレイズを適切な回数で行う事は自分自身の調整としては良いのですが、不必要に毎日サイドレイズを行う事はNGです。サイドレイズのみに限らずならず筋肉トレーニングを行っていく際には、身体が元気を取り戻したタイミングで、その負荷を筋肉へかけるのが効率が良いとされています。

毎日トレーニングを行う事で、身体が元気になる暇もなく、負荷を与えてしまうと逆効果となってしまいがちです。トレーニングの回数やその頻度のみならずサイドレイズのやり方、コツに関しては過去の記事でも紹介しているので、一度チェックしてみてください。サイドレイズで僧帽筋の部位が効くのを避けるコツ7選サイドレイズのコツも同じように習得していきましょう。

サイドレイズの回数と毎日行うリスクも知れて良かったなぁ

サイドレイズの正しいやり方と適切な回数の目安そして毎日が良くない訳について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?サイドレイズ以外でも、どうしても筋肉トレーニングを行う上で回数や毎日等の頻度は人それぞれで異なってくると思います。ただ自分の身体の状態も加味した上で無理のないペースで計画を立てる事が大切なので、サイドレイズの回数や毎日等の頻度は自分のペースで調整していきましょう。

以上が、サイドレイズのやり方!適切な回数と毎日が良くない訳についての紹介となりました。皆さんもより効果ある筋肉トレーニングの実現にサイドレイズを行う際には適切な回数で、毎日行うリスクを考慮した上でペース配分を考えて計画的に行う様にしていきましょう。

ReXeR本町

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全会員制24時間ジムReXeR Osaka
施設見学予約受付中。

最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG