自重トレーニングとは?読み方と反対の筋トレについて

自重トレーニングとは本当のところどんな読み方するのだろうかご存知でしょうか。また、自重トレーニングと正反対の筋トレとは何なのか、疑問に感じたことはないでしょうか。

この記事を読むと、本当の自重トレーニングとは何かという読み方知らないと恥ずかしい事実を知ることができ、自重トレーニングと反対の筋トレを理解することができます。

自重トレーニングとはどのような読み方をするか、わかるかな?
自重トレーニングってときどき人によって読み方が違うんだけど、自分が間違ってたら恥ずかしいなぁ。わかるようなわからないような。

自重トレーニングとは?

自重トレーニングとは、自分自身のボディ全体の重量をウェイトとして筋肉トレーニングをすることを指します。道具や特殊なマシンを活用せず、自分自身が筋肉トレーニング機器として機能する手軽にできて場所を選ばないトレーニングが自重トレーニングとなります。

一般敵に意味する、イメージされるような自重トレーニングは、腹筋や背筋そして腕立て伏せやスクワットなどの筋トレが挙げられます。

自重トレーニングとは?読み方について

自重トレーニングとはどんな読み方があるのか、2種類のニュアンスの違いと正しい表現を解説していきます。

意外と自重トレーニングとは実際にどんな読み方なのかを知らずに、自分では気付いていないけど他人から見ると恥ずかしいシーンに直面している人もいるので知っておくと恥ずかしい思いがなくなります。

自重トレーニングとは? 読み方「じじゅう」

自重トレーニングとはどんな読み方をするかについて、1つ目は「じじゅう」という表記があります。自重トレーニングとは、「自重(じじゅう)」という物体そのものを重さ(自らのウェイト)の意味トレーニング(訓練や鍛錬)が合わさった言葉です。

そのため自重トレーニングとは、正しい読み方をすると「じじゅうトレーニング」となります。物体そのものを表す自らのウェイトでトレーニングをすること。

一方、自重トレーニングの読み方を違うもう一つの表現にすると、ちょっと変な面白い意味になるので続いてご紹介します。

自重トレーニングとは? 読み方「じちょう」

自重トレーニングとはどんな読み方かにおいて、2つ目は「じちょう」という表記があります。自重トレーニングとはどのような読み方をするかと問われて、「じちょうトレーニング」と言ってしまうとやや恥ずかしい思いをすることがありますが意外と「じちょう」と言っている人がいることも事実です。

「自重(じちょう)」という読み方をしてしまうと、自分自身を慎むという意味合いが発生してしまいます。自重(じちょう)に近い形のなるニュアンスの言葉としては、「自制」や「軽はずまない」「自愛」といったもにになります。

そのため自重トレーニングとはどんな読み方を問われて、「自重(じちょう)」と言ってしまうと軽はずみな行動をしない自制するトレーニングという変なニュアンスになってしまいます。意外と自重トレーニングをやり始めたばかりの人や、筋トレに興味を持ち始めた人などで「自重(じちょう)」と表現してしまう方がいるので、知っておくと恥ずかしい思いを回避できます。

ここまでは冗談のようなたまにある自重トレーニングの読み方の話でしたが、続いては自重トレーニングとは反対の意味となる筋トレについて解説していきます。

自重トレーニングとは異なる反対の意味となる筋トレ

自重トレーニングとは異なる反対の意味となる筋トレは、自分自身の体重を利用したトレーニングではなく道具を使用したウェイトトレーニングを指します。多くの方がイメージする、バーベルを持ち合が足りダンベルを使用して腕を鍛えたり、様々なマシンを活用して負荷をかけた筋肉トレがウェイトトレーニングです。

自重トレーニングとは全く反対の意味になる筋トレって聞かれたら、若干表現に困るもんだよねぇ。

自重トレーニングとは一体どんな読み方をするのか、間違って使ってしまうと本当に恥ずかしい思いをしがちですよね。もし間違って自重(じちょう)トレーニングと話していた人は、しれっと自重(じじゅう)トレーニングとすり替えてみてくださいね。

以上が自重トレーニングとは一体どのような読み方なのかと、その反対の筋トレとなるウェイトトレーニングについての解説でした。

ReXeR本町

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全会員制24時間ジムReXeR Osaka
施設見学予約受付中。

最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG