6インチプレースとは?やり方はゴルフ場で決められているか

6インチプレースとはやり方はゴルフ場で決められているか?ゴルフを経験している人は一度は耳にしたことがある「6インチプレース」とは一体どういう意味なのか、また、そのやり方について今回は見ていきましょう。

実際に6インチプレースの意味や、やり方を知らずにゴルフ場で練習したり、コンペに出場するのはマナー違反になるケースもあるので、メリットやデメリットの踏まえて深堀していきましょう。

6インチプレースとはそもそもどういう意味?
やり方をメリットデメリットも含め見ていきましょう!

6インチプレースとは?

6インチプレースとは、コースの状態が不良の場合や、コース管理の状態などでプレーに影響する、障害物が気になる時に、許容範囲以内であれば自由にボールを動かすことのできるローカルルールの事です。

6インチプレースを簡易的に説明すると、地形や障害物などの影響を受け悪条件の場合に使用できる特別処置です。この場合、ペナルティは無しでボールを動かすことができます。このルールはコンペでも使用することが多いです。

6インチプレースの具体的なやり方とメリット&デメリット

では6インチプレースの具体的なやり方とメリット&デメリットをそれぞれ説明していきましょう。6インチプレースのやり方を理解せずに行ってしまうとトラブルになってしまう可能性もあるので、しっかりと理解した上で6インチプレースを実践するのが良いでしょう。

また、6インチプレースとは何か、基本的な意味とやり方を知った上で、6インチプレースのメリットとデメリットを理解していきましょう。

6インチプレースの具体的なやり方

6インチプレースの具体的なやり方としては、ローカルルールに基づく為、適用されるケースは様々ですが、基本は芝生の状態が良くなく、ボールが埋まっているときに6インチ(15.24センチ)以内の別の場所にボールを動かすことが出来る事を言います。

6インチプレースを行う上で特に注意するのは、ボールを動かす時に自分自身が打って行くグリーンの方向へピンに近づかないようにしないといけない事。また、ゴルフの処置でよく使うのはドロップ(落とす事)ですが、6インチプレースの場合は、プレース(置く動作)しなければなりません。以上の注意点を理解した上で行う様にしましょう。

6インチプレースのメリット&デメリット

6インチプレースのメリット&デメリットはそれぞれ2つずつあります。まずはメリットから説明していきましょう。

6インチプレースのメリット

  1. 悪条件から好条件へ
  2. プレーの進行度を早める

6インチプレースのメリット1つ目としては、6インチプレースを行う事で、ボールを動かすことができるので、悪条件だったことから一変して、好条件で打つことができるようになります。必ずとは言えませんが、スコアに影響してくる可能性があります。

ゴルフは気持ちの持ち方を重要とするスポーツなので悪条件のまま悪いショットを打つのと、6インチプレースを行う事で条件を変えて気持ちのいいショットを打つのでは、続きのプレーへの影響が変わってくると言われます。

6インチプレースのメリット2つ目としては、プレーの進行を早めることができる点です。ハーフラウンド(9ホール)は最低でも2時間15分以内で回らないといけません。厳しく時間が設けられている中、初心者やゴルフに自信のない方が厳しい条件で無理やりプレーをしているとどうしてもプレーの時間が長くなってしまいます。

その場合に6インチプレースをスムーズに使うことでプレー時間を縮めることができるので会社のコンペ等での同伴競技者の迷惑にもなりにくいですし、ラウンドに来ている他のたくさんの方の進行の妨げにもならないので、ゴルフ場全体のプレーもスムーズに行えます。

6インチプレースのデメリット

  1. 習慣づけには注意を!
  2. 自分を過信し過ぎてしまう

6インチプレースのデメリット1つ目としては、6インチプレースは正式なルールではなく、あくまでローカルルールとなっておりますので、公式の試合では使われることはありません。その為、競技に出場される方に限っては6インチプレースは習慣づけない方がいいかもしれません。6インチプレースのやり方やルール、使う場面を考慮して適切な場面でのみ実践する様にしましょう。

6インチプレースのデメリット2つ目としては、個人によって異なりますが、多少スコアへ影響するかもしれないので、自分の実力を少し過信してしまう可能性があります。

6インチプレースを行う事でチャンスの場面となり、スコアも伸びるかもしれませんが、6インチプレースに頼り過ぎずにゴルフスキルがある程度ついてきたら、自分自身の実力だけでスコアを伸ばしていくように、プレーを楽しんでいくことがいいかもしれません。

6インチプレースのやり方はゴルフ場で決められているか?

6インチプレースのやり方はゴルフ場で決められているかどうか、ここも気になるポイントの1つだと思います。正直に言うと、6インチプレースはゴルフ場によって、決まっているところもあれば、決められていないところもあります。あくまでローカルルールという事です。

但し、6インチプレースが使用できるゴルフ場では、6インチ以内(15.24cm)以内であれば移動させても良い、という処置方法は変わらずどのゴルフ場で基本的に同じです。ゴルフ場でルールが異なるので、6インチプレースのローカルルールを熟知した上でプレーを楽しむように心がけましょう。

6インチプレースとは何か、イメージがわきましたでしょうか。
では、まとめにはいりますね!

6インチプレースとは何か、やり方やメリットデメリットなども含め、6インチプレースについて説明してきましたが、この6インチプレースのやり方自体はプレーする人によって賛否両論あります。難しい状況から、いかに自分で考えてコース戦略するのかが、ゴルフの楽しみ方の1つとも言われています。

ただゴルフ初心者の方や、自信がない方は、まずはこの6インチプレースに頼ってみても良いかと思いますが、自身のレベルに合わせていろいろな状況に挑戦して行くことがゴルフの上達への早道でもあるので、6インチプレースとは何かを理解した上で、自分が1番楽しいと思えるプレースタイルを探していけば、ゴルフがもっともっと楽しく感じるはずです。

以上が6インチプレースとは?やり方はゴルフ場で決められているかのご紹介でした。

ReXeRゴルフラボ

大阪の堺筋本町・本町駅より徒歩3分。
完全個室ゴルフシュミレーション施設
絶賛予約受付中





最新情報をチェックしよう!
>CONTACT

CONTACT

コラボレーション等の各種ご提案、
施設への取材・報道関係者様のお問合せはこちらから。
※店舗ご利用に関するお問い合わせは、各店舗ホームページからお願いします。

CTR IMG